バレエの発表会を観に来てくれた友達へ、どんなお礼が必要?

バレエの発表会を観に来てくれたお友達へのお礼

バレエの発表会を終えられて、ひと段落!かと思いきや、衣装の返却や先生、ゲストへのお礼などまだまだやる事は山積みで大変な事かと思います。また、発表会にはお友達やお知り合いの方などをご招待し、花束やお菓子などのプレゼントを受け取られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。先生へのお礼については、”バレエの発表会後、先生へお礼は必要?手紙や謝礼の相場は?”の記事にまとめましたが、今回は、発表会にご招待したお友達へのお礼の仕方とお返しについてお伝えしていきます。

発表会に来てくれた方へ、まずはメールでお礼を!

ご招待した方から、花束やお菓子のプレゼントを頂いた場合はもちろん、それ以外の場合でも時間を割いて見に来てくださった方へ、出来れば当日か遅くても翌々日までにはお礼をお伝え出来ると良いですね。

「今日(昨日)は、お忙しい中お越しいただきありがとうございました!楽しんで頂けましたか?またご飯行きましょう!」

「今日は、ありがとうございました!!素敵なお花も、とても嬉しかったです!ありがとうございました。」

など簡単な内容でOKです!もし当日、ロビーなどでお会いできたとしても、改めてメールを頂けると、観に行った側としてもとても嬉しく感じます。

もし、おばあ様など目上の方でメールをされていない場合は、お電話出来る間柄でしたら、落ち着いてからお電話で、畏まった間柄でしたらお礼状を出されると良いと思います。

お菓子などの品物でのお礼について

差し入れの花束やプレゼントを頂いた場合、お返しに品物を渡される生徒さんもいらっしゃいます。恥ずかしながら、私自身にはこの習慣がなく、高校生くらいまでは貰いっぱなしでお礼のメールをお送りしているのみでした。ですが、別のお教室の友人から、発表会の差し入れの花束のお返しにチョコレートを頂いた事があり、とても驚き嬉しかったです。

チョコレートを頂いたという事よりも、友人が「本当に来てくれてありがとう!花束も頂けてとってもとっても嬉しかったから、何かお礼がしたくて!」と言って、本当に喜んでもらえた事が伝わって来て、こちらも嬉しくなりました。それ以来、発表会を観に来て差し入れをくれた友人には、簡単なプレゼントを渡していました。

ただ、あまりに仰々しいプレゼントだと、お相手の方も恐縮してしまいますので、4粒入りの小さなチョコレートやハンカチやミニタオル、小さなお子様なら文房具など、500円~1500円くらいのプチギフトがおススメです。

また、お返しを渡すのも、次回会った時など、何かの機会の時で大丈夫です。お礼のお品を早く渡さなきゃ!!と気負い過ぎる必要もありません。

お礼の品物は無くても大丈夫

今でも、友人の出演する公演や、主催している発表会の公演に行く事がありますが、差し入れのお返しをくれる友人の方が少ないですし、差し入れは発表会や舞台に出演する友人へのお祝いの気持ちとして差し上げているものなので、お返しがないのが当たり前と思っている方が殆どです。ですので、お礼に品物を渡すのは絶対に必要という訳ではなく、あくまでも大切なのは、「大切な時間をつかって来てくれてありがとう!」という気持ちです。

是非、まずまメールや電話にて感謝の気持ちを早めにお伝えしてくださいね!そして、本当に嬉しかったからお返しがしたい!という事であれば、次回お会いする時に、簡単なプレゼントを渡されると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする