【テレビ放送予定】バレエの饗宴2019 5月19日21:00~

「バレエの饗宴2019」5月19日(日)21:00~放送!

2019年4月6日に渋谷のNHKホールにて上演された、「バレエの饗宴2019」の様子がEテレ「クラシック音楽館」にて放送されます。様々なバレエ団が集い、クラシックからコンテンポラリーまで幅広い作品が上演された「NHKバレエの饗宴」。放送の詳細についてお伝え致します。

「NHKバレエの饗宴2019」の放送内容

・日時:2019年5月19日(日)21:00~23:30
・放送局:NHK Eテレ
・番組:クラシック音楽館



演目・出演者

『セレナーデ』(33分30秒)
作曲:チャイコフスキー
振り付け:ジョージ・バランシン
出演:東京バレエ団
上野水香、川島麻実子、中川美雪
秋元康臣、ブラウリオ・アルバレス
二瓶加奈子、三雲友里加、政本絵美、秋山 瑛
岸本夏未、伝田陽美、金子仁美、加藤くるみ、上田実歩、
髙浦由美子、涌田美紀、安西くるみ、榊優美枝、
足立真里亜、最上奈々、菊池彩美、中沢恵理子
和田康佑、岡﨑 司、鳥海 創、南江祐生

「セレナーデ」について
振り付けかのジョージ・バランシンがアメリカで最初に振り付けた演目です。東京バレエ団では2018年に初演されており、男性は濃い青、女性は水色の衣装ををまとい、しなやかに舞う姿が印象的な作品です。東京バレエ団は、プリンシパルの方はもちろん、コールドのダンサーの統一感が洗練され、素晴らしいバレエ団です。上野水香さんのしなやかな踊りや、ダンサーが円になり全員でピケターンを続けるシーンなど、楽しみな作品です。

『“ロメオとジュリエット”からバルコニーのパ・ド・ドゥ』(10分10秒)
作曲:プロコフィエフ
出演:カリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレ

カリーナ・ゴンザレスさんと、吉山シャール ルイ・アンドレさんは、ヒューストン・バレエ団のプリンシパルです。今回踊られる演目も、ヒューストン・バレエ団にて振り付けられたロメオとジュリエットです。

バルコニーのパ・ド・ドゥは、ロメオとジュリエットが愛を確かめあう、しっとりとしたラブシーン。個人的にロメオとジュリエットは曲は好きなのですが、悲劇である事や戦いのシーンなどが多く、全体的にあまり好ましい作品ではないのですが、(ベタなロマンティックバレエが好きです)このバルコニーのパ・ド・ドゥは、ロメオとジュリエットのハッピーな瞬間なので、好きなシーンの一つです。




『bolero/忘れろ』(25分20秒)
作曲:ラヴェル
出演:C/Ompany(大植真太郎、辻本知彦)

コントとダンスとアクロバットが一体となったような作品。これ、「バレエの饗宴」ですよね??というのが正直な想いではありますが。会場では笑い声がこぼれていたようです。

出演の大植さんはドイツやスウェーデンのバレエ団でも活躍するなど、国際的にも高い評価を得てきたダンサーさん。高い身体能力を持つお二人による、コンテンポラリーダンスと言葉が合わさった「談ス」は、バレエに馴染みが無い方も楽しめる作品だと思います。

『Octet』(34分40秒)
作曲:メンデルスゾーン
出演:東京シティ・バレエ団

〇第1楽章〇
清水愛恵
キム・セジョン、中弥智博
佐合萌香、平田沙織、飯塚絵莉、渡邉 優、植田穂乃香
福田建太、吉留 諒、濱本泰然、土橋冬夢
〇第2楽章〇
岡博美、石黒善大
〇第3楽章〇
沖田貴士
玉浦誠、福田建太、吉留 諒
〇第4楽章〇
清水愛恵
キム・セジョン、沖田貴士
佐合萌香、平田沙織、飯塚絵莉、渡邉 優、斉藤ジュン、植田穂乃香
玉浦 誠、中弥智博、福田建太、吉留 諒、濱本泰然、土橋冬夢

バイオリン、ビオラ、チェロによる重層曲を用いて踊られる作品です。

『“ドン・キホーテ”第3幕』(26分20秒)
作曲:ミンクス
出演:牧阿佐美バレヱ団

キトリ:阿部裕恵
バジル:清瀧千晴
ドン・キホーテ:保坂 アントン慶
サンチョ・パンサ:細野 生
キトリの友だち:日髙有梨、中川 郁
町の女たち:織山万梨子、高橋万由梨、光永百花、今村のぞみ
ボレロ:田切眞純美、石田亮一
ファンダンゴ:茂田絵美子、竹石玲奈、岡本麻由、田辺 彩、佐藤かんな、武本真利亜、三宅里奈、塩澤奈々、西山珠里、島津華子、白濵春可、佐伯可南子
中島哲也、坂爪智来、松田耕平、鈴木真央、ラグワスレン・ オトゴンニャム、元吉優哉、米倉大陽、石山 陸、渡會 慶、田村幸弘、近藤悠歩、山本達史
キューピッド:米澤真弓
キューピッドたち(日本ジュニアバレヱ):岩﨑優愛、大熊美里、大橋理帆、小川紗空、河鰭春奈、清田めいな、小宮彩香、後藤美櫻、齋藤咲来、進士凛々香、永易 雪、浪崎杏樹
貴族たち:稲津友梨花、渡部由綺子、土屋 桜、中山希望
塚田 渉、依田俊之、山際 諒、細谷 森

スペインの若い男女の恋物語。正統派のバレエでありながらユーモアもあり、バレエファンにも人気の高い作品です。
ドン・キホーテのあらすじについては、こちらのページをご覧ください。




『“眠りの森の美女”からワルツ』(2分15秒)
作曲:チャイコフスキー:作曲
出演:東京バレエ団、カリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレ、C/Ompany(大植真太郎、辻本知彦)、東京シティ・バレエ団、牧阿佐美バレヱ団

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする