バレエダンサーの収入~日本と海外~

バレリーナになるまで

バレリーナを目指したい!バレエダンサーになって、大好きな踊りを仕事に目指したい!とレッスンに励まれている、バレリーナの卵たちもたくさんいらっしゃると思います。日本のバレエ人口は推計約40万人で世界一と言われおり、女の子の人気の習いごとの一つとなっています。

バレエは、プロを目指すば目指す程、家が建つと言われている程お金のかかる習い事です。私はプロを目指す程ではありませんでしたが、それでも週3~4回レッスンに通っていました。2クラス受けて、月2万円程度のお月謝に、6000円の父母会費、プラス発表会の積み立て金、発表会に出演の際は数十万の費用。トウシューズは1足5000円程度ですが、だいたい1回の舞台で履き潰しますので、1ヶ月に何足も必要になります。プロを目指す友人達は、更にコンクールへ出場したり、衣装をレンタルではなく自分用に仕立てたり、留学したりと更にまとまった費用がかかってましたね。

バレリーナの収入

このようにプロになるまで、費用のかかるバレエですが、では、いざプロのバレエダンサーになった時、実際いくらくらいの収入になるのか、気になる方も多いと思います・・・。

バレリーナの初任給

大卒の平均的な初任給は20万円前後ですが、バレエダンサーに初任給はありません。バレエ団とアーティスト契約を結ぶ事が第一ステップとなります。最初は”研究生”として入団し、プロの舞台の経験を踏みながら、プロのバレエダンサーを目指していくバレエ団もあります。

そのため、入団当初はバレエ教室時代とあまり差はなく、逆に公演チケットのノルマなどもああり費用がかさむケースがあります。私の友人も入団当初は、アルバイトと並行してバレリーナをしていましたが、公演になるとシフトの調整がなかなか難しく大変そうでした。

熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーをはじめ、いくつかのバレエ団ではダンサーの負担軽減のためチケットのノルマ制度は設けていないようです。

バレリーナの出演料

役をもらえるようになると、その役に応じて出演料が支払われるようになります。1回の公演の出演料が約1.5万円~5万円。国内の大きなバレエ団でも公演数は年間50~60公演程度ですので、もし仮に全ての公演に出られたとしても、月収は10万円~25万円程度となります。もちろん、ずっとこの出演料という訳ではなく、階級に応じてその額は増えていきます。

バレエダンサーにも階級があり、大きく分けると、コールド(大勢で踊る群舞)、ソリスト(1人から数人で踊る)、プリンシパル(主役)となっており、おおよそですが、コールド年収200万円、ソリストで年収300万円、プリンシパルで年収400~700万円といわれています。

ただ、バレエダンサーは身体を酷使する仕事でもあるため、バレリーナとして収入を得られるのは30代~40代前半がピークである事を考えると、一度なってしまえば安泰という職業ではありません。

バレエダンサーの収入の男女差

バレエ人口が約40万人と言われていますが、その98%が女性で男性はわずか2%の少ない割合です。そのため、ダンサーの出演料としての男女差はありませんが、男性の方がプロになれる確率は高くなります。私の通っていたバレエ教室でも、同世代の男性は5名程度でしたが、全員がバレエダンサーやクラシックバレエ以外のダンサーになりました。

また、男性が少ない事から、各バレエ教室の発表会の男性役には引っ張りだこです。だいたい10万円~20万円前後の出演料とプラスで謝礼をお支払いしていました。もちろん、リハーサルに何度も通ったりと1回出演して終わり!という訳ではありませんし、地方の場合は宿泊費や交通費もかかりますが、それでも私の友人は月に数百万円稼いでいると言っていました。最終的にはフリーのダンサーになっていましたね。

女性の場合は、ゲスト講師などのお仕事をされている方が多いです。出身のバレエ教室やカルチャーセンターなどで、クラスを持ったり、公演がお休みの時にワークショップを開いたりしているダンサーもいます。

海外ダンサーと日本ダンサーの違い

プリマバレリーナでも400万円~700万円の収入であるのに、対し海外ではプリマになると自身のバレエ団の出演料だけでも年間1000万~1200万円、コールドでも400万円の収入になり、プリマの最高位の肩書を授与されたダンサーは1憶をも越えます。

特にボリショイバレエ団やマリンスキーバレエ団などの多くのバレエ団があるロシアは、芸術を大切にする文化がある事から、国からの手厚いサポートがあります。出演が無い場合も、バレエ団からの固定給があり、更にシューズやレッスンウェアなども国から支給されます。もちろん、プロになるまでも狭き門で、なってからも契約更新のための努力は必要ですが、低いお給料がチケット代やトウシューズ代に消えていく日本のダンサーに比べると、夢のようなお話ですよね。さらにロシアでは、ダンサー生命の短さから30代後半から既に年金が支給されるそうです。

私の通っていた教室にも、先生の友人のロシアの先生が教えに来てくれていたのですが、日本バレエ団の現状には本当に驚いていらっしゃり、私たち生徒全員にレオタードをプレゼントして下さってり、勉強会を開いたりしてくださいました。

またバレエダンサーになった友人で半数は海外のバレエ団に入団したのですが、海外組は男女とも全員15年以上経った今でもプロのダンサーとして続いているのに対し、国内バレエ団組は女性は8割が退団し結婚して母親になり、男性はフリーのダンサーや自分の教室を構えています。

バレエダンサーの収入まとめ

日本にもダンサーの負担を軽減するべく、東京バレエ団によるトウシューズ基金や、チケットノルマを無くすなど、以前よりも風習は変わってきましたが、それでも海外に比べるとまだまだ夢と現実の狭間のような職業です。

もちろん収入が全てという訳ではありませんが、日本にももっとバレエの文化が根付いてくれる為に、バレエファンとしては応援し続けたいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする